12代目 木之本梓

background12

AZUSAより。アズサ/木之本梓。3月4日~3月10日の7日間。

しっかりしている。自分の意思を強く主張し、周りと衝突することもある。聡明。妹にミズメがいる。

図書室の紕で初登場。幼い時に異世界から来た戦災孤児・朝霧かれんを拾う。朝霧とともに、水晶球の中に”戦争のない平和な”世界を造る。弟の木之本学(のち長瀬学)が水晶球の中で事故に遭い記憶喪失となったことをきっかけに、水晶球の中に住み、学の先輩を演じる。高校の時、水晶球と外の世界を入れ替えようとする北条の企てに気付き、水晶球を壊そうとして北条を信頼する朝霧と対立。学内抗争へ発展し、北条に殺される。北条の手でソンビになり朝霧と戦うが、朝霧に体を燃やされた。図書委員長。

どうせ自分片思いですからでは、卓球部の先輩として登場。中学の同級生・牛尾智に恋をするが、牛尾とは別の高校へ。牛尾が別の高校で彼女を作ったことに苦しみ、卓球で対戦。失恋はしたものの、前回準優勝校の牛尾に対して接戦の活躍を見せた。

生徒会4コマでは、生徒会書記として天然な会話を延々と繰り返す。

AZUSAでは、一人二役。神の双子。
地球のアズサ(木之本梓):生徒会書記として登場。牛尾と是永の関係を妨害。世界の創造主(神)によって地球を護ることを使命付けられる。アダムスのアズサと双子。事情を知りながらもアズサをアダムスに帰そうとする。
アダムスのアズサ:アダムス星で監禁されていたがハヨ・コレナガの助けで脱走、地球の是永長読と契約。膨大な魔力を持つ魔法使いで、古代魔法を使う。星に戻ることを拒み、拘束するものとして服を嫌悪。神によってアダムスの護りをしていたが、アダムスの統一軍にだまし討ちにされ記憶を失い、アダムスを離れる。地球のアズサと双子。